Read Article

【新潟市の夜景と言えばここ!】新潟観光に行く人に見て欲しい、新潟三大ビル夜景

新潟市は北陸地方で最も人口の多い都市で、本州の日本海側を代表する都市です。

特に新潟駅周辺はビルも多く光量があり、街を貫く信濃川が煌めく夜景に闇を作りだし、より光の印象を強めます。

さらに、そこに架かる萬代橋等の橋が街の夜景を構成する重要な要素となっています。

市内には、室内型夜景スポットが主に3つ存在し、いずれも視点の高さ、安全性、アクセス性、夜景の美しさが優れており、これらを新潟三大ビル夜景と呼んでいます。

ここでは、この3つのスポットを紹介します。

Befcoばかうけ展望室

pic_befco01
このビルは本州日本海側でもっとも高いビルで、展望室からは新潟市内の夜景を中心に南側は柳都大橋などのライトアップや新潟駅周辺の賑やかな輝きが広がっています。展望室にはスカイラウンジが併設されており、景色を眺めながら軽食も楽しむことができます。
夜景スポット情報

NEXT21 展望ラウンジ

pic_next2101
NEXT21は新潟にそびえ立つ128mの高層ビルで新潟のランドマーク的存在である。そのNEXT21の19階(101m)はレストランフロアと展望フロアが整備されています。展望フロアはガラス面が広く設けてあり、賑やかな新潟駅周辺を中心とした夜景を眺めることができます。
夜景スポット情報

新潟日報メディアシップ展望フロア

pic_mediaship01
メディアシップは2013年に完成した、高さ105mの高層ビルで、新潟日報社の本社機能とテナント、商業施設からなります。
同ビルの19階と20階は展望フロアとなっており、北東には朱鷺メッセや新潟港、南東には新潟駅周辺地区、南西には街のシンボルのレインボータワー、北西には萬代橋やNEXT21等、全方角の夜景を鑑賞できます。
夜景スポット情報

是非、新潟市民のみならず、新潟に観光を予定されている方にも訪れていただきたいスポットです。

期待を裏切らない夜景空間であることは間違いなし!

Return Top