【写真家に大人気!】新道峠から見る夜景とは~アクセスも解説!

【写真家に大人気!】新道峠から見る夜景とは~アクセスも解説!

こんにちは、夜景写真家の中村勇太です。 最近よく、夜景スポットのアクセス方法や、撮影方法について問い合わせを受けます。 中でも新道峠(しんどうとうげ)についての質問は割と多いです。 新道峠は特に首都圏の写真家の間では名が知られているスポットですが、まだ知らない方や、知っていても足を運んだことがない方も多いはずです。 そ...

湘南平から見る「アゲハチョウ夜景」

湘南平から見る「アゲハチョウ夜景」

アゲハチョウ夜景として有名なスポットは青森県むつ市の釜臥山が知られている。アクセス性の悪さを逆手にとり、秘境夜景という付加価値をつけて売り出そうという動きも見られます。 実は神奈川県のあの有名な夜景スポットからも、アゲハチョウ夜景が見られるのをご存知だろうか。 そのスポットとは、湘南平です。 新展望台から西側を望むと、...

鷹取山(横須賀市)からの夜景

鷹取山(横須賀市)からの夜景

横須賀市、逗子市にまたがる鷹取山から眺める夜景をご紹介します。 湘南鷹取の住宅地の一角にテニスコートがあり、その脇に鷹取山公園の入り口があるので、ここを4分ほど歩くと広場にたどりつきます。 ここからの夜景はなかなか特徴的で、手前は湘南鷹取の住宅が規則正しく建ち並び、奥にはみなとみらい地区の高層ビル群、横浜港の埠頭、工場...

甘利山から甲府盆地の夜景と富士山

甘利山から甲府盆地の夜景と富士山

ここはおそらく夜景好きの方というより、写真愛好家の方が多く訪れるスポットでしょう。 甲府盆地を見下ろせる夜景スポットとしては、トップクラスの場所がここ、甘利山です。 特に多くの三脚が並ぶのは夜景から朝の景色に変わる時間帯で、輝く甲府盆地と富士山のシルエット、グラデーションカラーに染まる東の空のコラボレーションを楽しむこ...

「夜のアゲハチョウ」とは

「夜のアゲハチョウ」とは

青森市からみちのく有料道路、国道279号線を経て約2時間の街、むつ市。 この街には大きな大きなアゲハチョウが生息しています。 その姿を確認できるのは、下北半島最高峰をほこる釜臥山の山頂にある展望台です。 そして姿を現すのは夕方以降です。そう、街が輝き出すと、むつ市の街の光がアゲハチョウの形に浮かび上がりこの光景こそが「...

香貫山の展望台まで道が整備されない理由

香貫山の展望台まで道が整備されない理由

香貫山といえば、静岡県沼津市を代表する夜景スポットであり、市内から富士市、静岡市まで広がる眺望と、駿河湾や富士山のシルエットが美しい夜景を生み出すスポットです。 しかし、山頂の展望台にアクセスするには、香陵台の駐車場に車を駐車して、1kmほど上り坂を歩かなくてはならないスポットです。 訪れた方は気になったかも知れません...

【厚木市の絶景夜景】鳶尾山観光展望台への行き方

【厚木市の絶景夜景】鳶尾山観光展望台への行き方

夜景FANへのアクセスで「鳶尾山観光展望台 行き方」というワードで検索されている方が夜景FAN公開当初から多くあります。 鳶尾山観光展望台は厚木市の鳶尾山にある野外展望台のスポットで、県央地区トップクラスの夜景を鑑賞できるものの、アクセス方法が分かりづらく、15分程山道を歩く必要があります。 展望台に続く道の入口は複数...

中四国三大夜景とは?

中四国三大夜景とは?

三大夜景といえば、日本三大夜景や世界三大夜景、また比較的新しい新日本三大夜景や世界新三大夜景が有名で、ご存じの方も多いのではないでしょうか? 日本三大夜景についてはいつ、誰が決めたのかはっきりとした情報がないですが、各都市が観光資源としてうまく活用しているように思えます。 2000年代以降、新日本三大夜景・夜景100選...

灰ヶ峰から見る「くれ」とは?

灰ヶ峰から見る「くれ」とは?

※灰ヶ峰からの夜景の中に隠された文字「くれ」の読み方に関する記事です。ネタばれとなりますので、ご注意ください。 呉市の夜景を一望することができる、広島県を代表する夜景スポット「灰ヶ峰」 私が訪れた際は外国人がこの夜景を鑑賞しており「beautiful!!」と声を上げて感動していた姿が印象に残っています。 さて、夜景もす...

チェックメイトC.C.への行き方

チェックメイトC.C.への行き方

チェックメイトC.C.と言えば神奈川県の人気夜景スポットで、特に県西部に住まれている方はご存じの方も多いのではないでしょうか? ところで、このスポットは「チェックメイトC.C.」という名称で定着してますが、チェックメイトC.C.は松田山の山頂にあるゴルフ場で、夜景のビューポイントはこのチェックメイトC.C.の脇道となり...

Return Top