北陸の夜景撮影におけるケアポイント

こんばんは!北陸で夜景活動をしている堀です!
都会では、ビルのライトアップが多く、24時間にわたり「光の帯」が広がり、いわば「季節のイルミネーションイベント」以外はいつでも夜景撮影が可能ですが、北陸の夜景撮影では時間・気候などを十分に下調べしてすることが非常に重要です。
筆者が15年渡り北陸の夜景事情を確認した結果をもとに、ケアすべきポイントを列挙します。

気候


北陸で最適な撮影時期は、4月-6月中旬、10月、12月下旬-1月上旬です。
1-2月は雪、3月は黄砂、6月は梅雨、7-9月は暑さによる空気の揺らぎや水蒸気
11月は雷、12月は強風に注意する必要があります。

1-2月の北陸3県の夜景撮影は「ギャンブル」です。
北陸3県地方で「雪マーク」の天気予報を見ることが多いですが、1日のうちで晴れから雪まで目まぐるしく変わります。
夜は「15-30分おきに天気が変わる」のがポイント。そのため夜景撮影は「現地に行って、撮影時間にならないと、天候かOKかNGか全く読めない」のが現状です。

林道に夜景スポットが多いのですが、北陸で積雪が溶け、林道が運転できる時期は一般的に4月末-11月中旬です。 
この季節にあわせるように、例えば5月に 富山県の八乙女山や散居村展望台から「夕方から夜までの時間にあわせた散居村の景色」写真が増えてきます。
   

光の量

21時を過ぎると住宅や工場の光が激減します。 よって山夜景を撮影する場合は21時までに撮影を終了するようにしてください。ライトアップイベントも21時終了か22時終了が多いです。
(岐阜県の白川郷 ライトアップは19時半終了です)

ただし星や朝焼け前の静けさを撮影するため、朝3時ー4時頃に撮影する方もいらっしゃいます。

北陸のライトアップイベントは大抵1年に1-2日間で実施しています。(1週間以上実施しても集客が見込めず、人件費や電気代等を考えて2日間という場所が多いです)
また、「5年に1度、10年に1度実施」という場所も少なくありません。
ライトアップ撮影する場合は、その場所の実施頻度を事前に確認してください。

夜景の対象

山夜景:富山県は山と海が近いため、海岸線沿いに広がる都会が楽しめます。
二上山、呉羽山、稲葉山、 新川スーパー農道沿い(まきばの風、東福野寺)、散居村展望台、閑乗寺公園-八乙女山

石川県も山と海が近く、加賀平野や能登半島に広がるパノラマが楽しめます。
卯辰山、獅子吼高原・犀鶴林道、鍋谷和佐谷林道、七尾城跡展望台

福井県は山と山の間に広がる都会を楽しめます。
大仏林道、美山林道、二枚田幹線林道、西山公園展望台、村国山、天筒山、舞鶴自動車道 敦賀IC近く
     
都会と比べて多いものが寺・神社、古民家、自然物のライトアップです。
寺のライトアップは北陸中どこでも見られます。
8月に蝋燭の灯を周囲に散りばめた「万灯会」が盛んに実施されます。
自然物の代表:窓岩、垂水の滝、見附島、黒部ダム、瓜割の滝、明鏡洞
万灯会の代表:輪島市金蔵地域、倶利伽羅不動尊鳳凰堂、見竹神社、大谷寺

スキー場等に数万個のLEDで「天の川」を書いたものや、山全体のライトアップもあります。
富山市牛岳「虹のかけはし」、砺波市の三条山(南砺市の閑乗寺公園から見る三条山)

ケアポイント

林道の運転には十分気を付けてください。
たいてい1車線で、片側が崖になった林道を20-30分走ることが多いです。
道路の冠水、落石などもあります。ウサギ、イノシシ、シカ程度の小動物も出てきます。
(さすがにクマは見かけたことがありませんが、至る所に熊出没の看板があります)

夏の必需品は懐中電灯、虫よけ(夏は取り立てて書く必要がありません)

冬の必需品はタートルネック(襟巻)、予備のデジカメ電池、スキー帽、レンズ拭き
冬は氷点下まで冷え込む時があります。特に「首を冷やさない」ことと、「デジカメの電池をあっためておく」ことが必要です。また突然の積雪や降雨に対しても、傘を差すよりスキー帽のほうが効果的です。
黄砂や結露でレンズが汚れる場合が多いので、レンズ拭きもあれば便利です。
海側は風が非常に強いです(10-20m/s)。しっかりとした三脚を準備して下さい。

北陸の空が真っ暗になる時間

1月17:30
2月18:00
3月18:30
4月19:10
5月19:50  
6月20:25
7月19:55
8月19:20
9月18:50
10月18:20
11月17:40
12月17:20

堀 誠一郎

堀 誠一郎新日本三大夜景・夜景100選事務局

投稿者プロフィール

初めまして。高校生時代に観た横浜・東京の夜景に魅せられ、学生時代に全都道府県の夜景スポットを訪れました。
仕事で石川県に移動後は「都会と違った」自然と日本建築のライトアップに多数触れました。
個人では「北陸の隠れた夜景スポット」を詳細に紹介するとともに、全国の優れた夜景スポットを「新日本三大夜景・夜景100選」メンバーとして紹介しています。
最近は「夜景を観る」→「夜景スポットを開拓する」→「夜景の観光スポットを創る」ことに興味が湧いています。
地元の方が夜景を身近に感じられるよう、また夜景の美しさを楽しめるような活動を今後も続けていきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

夜景写真家中村勇太のLINEスタンプ

夜景FANのLINE@アカウント

友だち追加

話題の記事

  1. 2017-2-13

    【絶景だけど初心者ドライバー要注意】菜の花台から見る夜景

    こんばんは、中村です。 神奈川の若者人気の夜景スポットといえば、「湘南平」そして「菜の花台」あたり…
  2. 2017-2-11

    【過酷さの先に待ち受ける絶景】丹沢大山からの雪夜景

    こんばんは、中村です。 みなさん、登山して夜景を鑑賞することはありますか? 夜の登山はハードルが…
  3. 2017-2-12

    【全国の選りすぐり夜景】夜景100選(関東編)

    〇〇100選ってよく聞きますよね!? 夜景の世界にも100選があるのです! 新日本三大夜景・夜景…
ページ上部へ戻る