夜景FAN 日本各地の夜景スポット情報・総合夜景サイト

皿倉山展望台 さらくらやまてんぼうだい

工業都市を一望する九州屈指の大迫力夜景

夜景スポットの評価

夜景スポットの評価基準について

スポンサードリンク

夜景スポットの解説

 九州の夜景といえば長崎の稲佐山が全国的に有名であるが、九州夜景を語る上でここを欠かしてはならない。皿倉山は工業都市北九州市にそびえ立つ標高622mの山で、山頂には展望台が整備されている。

 展望台からはスペースワールドや若戸大橋、工場群など100万都市・北九州市の夜景を一望、さらには下関方面まで望むことができ、ここからの眺めは100億ドルの夜景と称される。この美しさは光量だけでなく、洞海湾が街に入り組む独特な地理条件がなるもので、大変特徴のあるパノラマ夜景と言える。

 土日祝と特別夜間運行期間(※営業時間要確認)は通常、展望台へはケーブルカーとスロープカーを経由して登ることになる。山麓駅から10分程で展望台にたどり着くことができ、ケーブルカーが上昇するとともに少しずつ街の夜景が見えてくるワクワク感も楽しみの一つではないか。スロープカーは夜間は照明が暗くなり、ブルーのライトで車内を照らし、いい雰囲気を出している。

 平日はケーブルカーとスロープカーが夜間営業されていないので、九合目近くの皿倉山ビジターセンター駐車場に車を駐車して、展望台まで10分程歩く必要がある。ただし、金曜日は通行を禁止しているので注意が必要である。

 展望台の雰囲気は良好で、レストランが併設されているので夜景を眺めながら食事を楽しむことができる。また、メインの展望台からほど近い場所にある、天空ドームという期間限定でライトアップされる小さな展望台は、カップルが愛を誓って鍵を取り付けるスポットとて利用されている。

 家族でもカップルでも楽しめる皿倉山、是非福岡で夜景を楽しみたい方は訪れていただきたい。

住所

福岡県北九州市八幡東区(地図

施設の営業時間

終日開放
※ケーブルカー、スロープカーを利用される場合は以下の運行時間に注意する必要がある
【ケーブルカー】
平日の営業時間(10:00~18:00)
最終便上り17:20、下り18:00
4月~10月の土日祝及び特別夜間運行期間(10:00~22:00)
11月~3月の土日祝及び特別夜間運行期間(10:00~21:30)
最終便上り20:50、下り21:30
以下の期間を特別夜間運行期間としている
4・5・7・9・10月の金曜日、GW(4月21日~5月6日)、夏休み(7月17日~8月31日)
【スロープカー】
平日の営業時間(10:10~17:50)
4月~10月の土日祝及び特別夜間運行期間(10:10~21:50)
11月~3月の土日祝及び特別夜間運行期間(10:00~21:20)

施設の定休日

なし

施設の利用料金

展望台への入場料金なし
【ケーブルカー】
往復 大人:800円 子ども:400円
片道 大人:400円 子ども:200円
【スロープカー】
往復 大人:400円 子ども:200円
片道 大人:200円 子ども:100円

施設の設備

トイレ レストラン 双眼鏡 街灯・照明 自動販売機 売店・ショッピング ロープウェイ ケーブルカー

アイコンについて

車内からの鑑賞

不可

関連サイト

北九州市八幡東区皿倉山帆柱ケーブルのホームページ

アクセス(公共交通機関)

八幡駅(JR)から帆柱ケーブル山麓駅まで徒歩25分
八幡駅(JR)から帆柱ケーブル山麓駅まで土日祝のみ無料シャトルバス運行有り

アクセス(マイカー)

帆柱ケーブル山麓駅駐車場から帆柱ケーブル山麓駅まで徒歩0分(車を帆柱ケーブル山麓駅駐車場に置いて、ケーブルカーで展望台へ行く場合)
皿倉山ビジターセンター駐車場から展望台まで徒歩約10分(車で山頂付近まで行く場合)

施設又は周辺の駐車場

●帆柱ケーブル山麓駅駐車場

【営業時間】変動あり。公式ホームページをご確認ください。

【料金】無料

【台数】約130台

●皿倉山ビジターセンター駐車場

【営業時間】金土日祝は18:00~10:00の時間帯は車両通行止め

【料金】無料

【台数】数台

地図

緯度経度情報:33.846797,130.796816

Googleマップで開く

更新履歴

最終更新日:2015年12月 7日

公開日:2015年12月 7日

当ページで掲載している営業時間や料金等は変更になっている可能性があります。あらかじめ御了承ください。