夜景FAN 日本各地の夜景スポット情報・総合夜景サイト

摩耶山 掬星台 まやさん きくせいだい

見下ろせば1000万ドルの夜景 手で星(夜景)を掬いたくなるような大パノラマ夜景

摩耶山から西側、大阪方面の夜景を見下ろす
摩耶山から西側、大阪方面の夜景を見下ろす
スポットの雰囲気、輝くきらきら小径
眼下に広がる神戸の夜景と案内板

摩耶山から西側、大阪方面の夜景を見下ろす

摩耶山から西側、大阪方面の夜景を見下ろす

スポットの雰囲気、輝くきらきら小径

眼下に広がる神戸の夜景と案内板

夜景スポットの評価

夜景スポットの評価基準について

スポンサードリンク

夜景スポットの解説

 "神戸と言えば夜景が綺麗"というイメージはそれほど夜景に詳しくない方でも持っているはず。その神戸の数ある夜景スポットの中でも迫力ある夜景が眺められ、幅広い年齢層から支持を集めているのが摩耶山の山頂付近に整備された展望広場"掬星台"だ。函館市の函館山、長崎市の稲佐山と並び、ここ摩耶山の掬星台は日本三大夜景の1つに数えられるため、神戸の観光雑誌では夜景特集が度々組まれるが、掬星台が大きく取り扱われる。大阪や神戸などの人口や産業が集中した地域を見下ろすため、光量は函館山や稲佐山からの夜景の規模を上回りそのスケールの大きい夜景は、夜景に見慣れていない者のみならず、多くの夜景を目にしてきた夜景愛好家でも言葉を失うような衝撃を受けるだろう。
 掬星台までのアクセスは主に2つのパターンがある。まず1つはケーブルカーとロープウェイを経由するコース。摩耶ケーブル駅~虹の駅間をまやケーブルが、虹の駅~星の駅間をまやロープウィーがつなぐ。ゴンドラやケーブルカーが上昇するにつれて、少しずつ夜景が目に入るようになり、この先に待ち構える大夜景を期待させてくれる。夜景目的で利用する方が多く、夕方頃から混み始めるので、夕方前に利用することをおすすめする。また、季節や曜日により夜間営業の時間が異なるため、公式ページを確認していただきたい。
 もう1つはマイカーでアクセスするコース。掬星台まで続く道は途中で一般車両は通行禁止となるため、手前の天上寺前駐車場に駐車してそこから徒歩で10分程歩く必要がある。上り坂が続くがこれから目の前にする大夜景を想像したり、恋人と語り合ったりしているとあっという間についてしまうだろう。
 基本的には終日開放であるが、23時までに訪れると" 摩耶★きらきら小径 "という蛍光材で舗装された道がライトに照らされ、幻想的な雰囲気を感じさせてくれる。夜景も雰囲気も優れた、遠方から訪れる価値もあるスポットなので、是非一度足を運んでいただきたい。

住所

兵庫県神戸市灘区摩耶山町(地図

施設の営業時間

掬星台は終日開放
※ケーブルカー、ロープウェーを利用される場合は以下の運行時間に注意する必要がある
【まやケーブル(ケーブルカー)】
・3/20~7/19、9/1~11/30([平日]始発10:00 終発17:40 [土日祝]始発10:00 終発21:00)
・7/20~8/31、([全日]始発10:00 終発21:00)
・12/1~3/19、([平日]始発10:00 終発17:40 [土日祝]始発10:00 終発20:00)
【まやロープウェー(ロープウェイ)】
・3/20~7/19、9/1~11/30([平日]始発10:10 終発17:30 [土日祝]始発10:10 終発20:50)
・7/20~8/31、([全日]始発10:10 終発20:50)
・12/1~3/19、([平日]始発10:10 終発17:30 [土日祝]始発10:10 終発19:50)

施設の定休日

なし

施設の利用料金

なし

施設の設備

トイレ レストラン 双眼鏡 街灯・照明 自動販売機 売店・ショッピング ロープウェイ ケーブルカー

アイコンについて

車内からの鑑賞

不可

関連サイト

六甲・まや空中散歩

アクセス(公共交通機関)

星の駅(まやロープウェー)から徒歩約0分
摩耶ロープウェイ山上駅バス停から徒歩約0分

アクセス(マイカー)

天上寺前駐車場から徒歩約10分

施設又は周辺の駐車場

●天上寺前駐車場

【営業時間】24時間

【料金】500円(1日)

【台数】多数

【住所】兵庫県神戸市灘区摩耶山町2−2(地図

地図

緯度経度情報:34.734233,135.206364

Googleマップで開く

更新履歴

最終更新日:2015年11月15日

公開日:2015年10月25日

当ページで掲載している営業時間や料金等は変更になっている可能性があります。あらかじめ御了承ください。