Read Article

【冬の夜空を彩る】河口湖・冬花火【2015年版】

pic_kachikachi03花火と言えば、夏のイベントというイメージがあると思いますが、冬でも花火が上がるスポットがあります。

その一つが、山梨県の河口湖です。

冬花火のメリットは、夏に比べて空気が澄んでいる分、花火とその周囲の街夜景が綺麗に見えます。

難点は寒さが厳しいため、服装には注意が必要となります。

この日は、富士山と花火を絡めた写真を撮る予定でしたが、富士山に雲がかかってしまったため、富士山の絡みがない、カチカチ山に急遽場所を変更しました。

ここは、花火が上がる期間中は夜間営業されるため、花火撮影のポイントとしても押さえておくといいですよ。

河口湖方面だけでなく、富士急ハイランド方面の夜景も観賞することができます。ここの夜景も夜間営業している日しか鑑賞できないため貴重な光景です。
pic_kachikachi01
ロープウェイの山上駅のある天上山公園には展望台があるものの、花火が木にかぶってしまい、撮影にも不向きです。

実は、花火が上がる前に、バストポジションである、ロープウェイ乗り場が解放されるのです。
それがここです↓
pic_kachikachi04

階段となっているため、後ろにいる方も、十分視界を確保して、花火の鑑賞が可能となっています。
pic_kachikachi02

打ち上げ場所は3箇所で、手前の「畳岩」と、河口湖大橋手前の「大池公園」、河口湖大橋奥の「八木崎公園」です。

私は俯瞰夜景が好きなので、このような湖に広がる街夜景に打ち上がる花火の構図を結構狙います。

河口湖のシルエットに沿って輝く街明かりと河口湖大橋、花火のコラボがいいですね^^

河口湖天上山公園 カチカチ山ロープウェイ | 富士山・河口湖観光 絶景スポット

Return Top