夜景FAN
夜景FAN

繁體中文

スマホで撮影する台湾の夜景スポット「中正紀念堂」 撮影のコツをご紹介!

自由広場門をリフレクションで撮影

 こんばんは!夜景写真家の中村勇太です。今回は台湾の夜景スポットで撮る、夜景撮影のコツをご紹介いたします。今回やってきたのは台北にある観光スポット「中正紀念堂」です。スケールの大きい建物に圧倒されます。実は中正紀念堂は雨が上がった後の夜景撮影がオススメなんです。その理由を写真と併せて解説いたします。

自由広場門の夜景

 同スポットの入り口にあたるのが自由広場門です。早速撮影していきましょう。
 撮影モードは「夜景撮影モード」や「ナイトモード」に設定します。被写体となる自由広場門をスマホの画面上でタップしてしっかりとタップします。撮影したのが上に表示されている写真です。いかがでしょうか?門のライトアップが地面の水たまりに映り込んで綺麗ですよね。これを「リフレクション」と呼びます。しかし、もっとあっと言わせる夜景写真を撮る方法があるのです。

自由広場門を撮影する様子 先ほどは人の目線を撮影をしました。次はしゃがみます。そして水たまりにスマホを近づけると水面に大きく門のライトアップが映り込みます。門全体がうまく入るように構図を調整します。構図が決まったら撮影をします。 自由広場門をリフレクション撮影

 水たまりに近づけて撮影した写真がこちらです。水面に門が大きく映り込みましたね。このようなシーンで気をつけたいのが風です。風が強い日は水たまりの水面が大きく動き綺麗に映り込まなくなるため、狙って訪れるなら風の少ない雨上がりがいいでしょう。
 また、このように真っ正面から撮影する際は、しっかり水平に撮影しないとバランスの悪さが目立ってしまいます。傾きは後で編集ソフトで対処できますが、手間を省くために撮影時にしっかりチェックしましょう。

國家戲劇院と自由広場門をリフレクションで撮影

國家戲劇院と自由広場門をリフレクションで撮影

 引き続き別の始点から撮影していきます。今度は劇場の建物も構図に入れます。撮影位置が高いと水面に映り込む範囲が狭くなります。なるべく下げて撮影することで、水面に広く映り込ませることができます

 中正紀念堂は駅直結の観光スポットです。台北観光の際は是非訪れてみてください!

夜景スポット情報

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、営業時間等が変更となっている可能性もございます。
夜景FANの公式LINEアカウントからご相談いただくことが可能ですので是非ご利用ください。

スポット名 中正紀念堂(ちゅうせいきねんどう)  夜景スポットページはコチラ
住所 台北市中正區中山南路21號  地図はコチラ
ジャンルライトアップ、
料金無料
営業時間
定休日なし
公式・関連サイト國立中正紀念堂-首頁
アクセス(電車)
アクセス(バス)
アクセス(車)
備考

ライター情報

ライター名 夜景写真家 中村勇太
ライターWebサイト夜景写真家 中村勇太公式サイト

配信情報

配信日 2022年01月16日 16:18
更新日 2022年01月19日 17:54

新着記事

夜景マガジントップへ
夜景FAN
夜景FANはPlusTEQが制作しております
Copyright© 2020 YAKEI FAN. All Rights Reserved.