夜景FAN
夜景FAN

繁體中文

金網とスマホのポートレートモードを活用した撮影テクニック!

 こんばんは!夜景写真家中村勇太です。今回ご紹介するのはスマホで試せる簡単応用テクニックです!

pic_sp-kanaami07.jpg

iPhone 15 Pro Max、標準カメラアプリ

 訪れたのは横浜の人気夜景スポット「大さん橋国際客船ターミナル」。横浜みなとみらい21地区の全景を眺められます。そのまま撮っても綺麗ですが定番構図、この時間帯の暗い空はあえて広く入れる必要もないという考え方もあり、構図を工夫したいシーンです。今回は、スポットにある金網を活用して撮影します。

Galaxy編

Before(通常モード)

pic_sp-kanaami03.jpg

Galaxy S22 Ultra、標準カメラアプリ

 金網にピントを合わせて奥の街明かりをボカして撮影しようと思います。まずは標準カメラアプリで。スマホのカメラは一眼レフで表現できるようなボケがなかなか出ません。そして、金網にピントを合わせようと画面上でタップしてもなかなか意図した場所にピントが合いません。

After(ポートレートモード)

pic_sp-kanaami04.jpg

Galaxy S22 Ultra、標準カメラアプリ

 そこで活用するのがポートレートモードです。現在、多くのスマホで搭載されている撮影モードです。これでボケを表現できますが、ピント合わせも工夫が必要です。カメラアプリが奥の街明かりにピントを合わせようとしてしますので、いったんフレームを少し下にずらして画面内で金網部分を長めにタップします。これでフレームを変えてもピントが固定されます。そして、本来撮影したい構図に戻して、シャッターボタンをタップすることで本来撮影したい写真が撮れました。

iPhone編

Before(ポートレートモード)

pic_sp-kanaami05.jpg

iPhone 15 Pro Max、標準カメラアプリ

 次はiPhoneで撮影してみます。先ほどと同じようにポートレートモードで撮影すると、意図しない写真となってしまいました。ソフトウェア処理がおかしな事になっていますね。

After(通常モード)

pic_sp-kanaami06.jpg

iPhone 15 Pro Max、標準カメラアプリ

 通常モードに戻して撮影すると、意図した写真が撮れました。iPhoneの場合、このシーンではポートレートモードではなく、通常モードで撮影するのがベストの様です。

 スマホのメーカー、機種によって撮影時の処理の特性が異なるので、お手持ちのスマホではどのように撮れるか、是非試してみてください!

img_present20240502.png

ライター情報

ライター名 夜景写真家 中村勇太
ライターWebサイト夜景写真家 中村勇太公式サイト
SNSアカウントTwitter:@yakeifan_naka

配信情報

配信日 2024年01月19日 11:55
更新日 2024年01月19日 17:07

新着記事

夜景マガジントップへ
夜景FAN
夜景FANは日本夜景オフィス株式会社が制作・運営しております
Copyright© 2024 YAKEI FAN. All Rights Reserved.