夜景FAN
夜景FAN

繁體中文

名古屋ベイエリアの定番スポット!世界中の海の動物に会える「名古屋港水族館」

 「名古屋港水族館」は名古屋市民にとっては遠足やデートで馴染みのある定番スポットです。もちろん観光客にも人気があり、週末は多くの方で賑わいます。北館と南館に分かれており、それぞれ違ったテーマで海の生き物の魅力と伝えてくれます!

pic_nagoyaaqua10.jpg

 初めて訪れる方は名古屋港水族館の大きさに驚くでしょう。それもそのはず。水族館の大きさとしては日本一を誇ります。入場前から期待が膨らみます! まずは水族館の入口がある北館へ進みましょう。通常はチケット売り場でチケットを購入しますが、週末は行列ができる可能性があるので、事前のコンビニでチケットを購入しておくとスムーズです。

pic_nagoyaaqua06.jpg

 館内に入るとまず出会うのが「35億年はるかなる旅〜ふたたび海へもどった動物たち」をテーマにした展示です。イルカの祖先が海から陸へ、そして海に戻り現在の姿のイルカに進化した歴史が学べます。

pic_nagoyaaqua12.jpg

 水槽には、館内でも特に人気者のシャチ、イルカ、ベルーガ(白イルカ)達が愛くるしい表情を見せながら泳いでいます。ガラスにぶつかるのではないか?と思わせるくらい近くまで来てくれてサービス精神が旺盛です!

pic_nagoyaaqua11.jpg

 イルカを見られるのは水中のガラス越しだけではありません。地上に上がると、巨大プールが出現。この日本最大級のプールで、イルカ達が自然そのもののダイナミックな動きでパフォーマンスを披露してくれます!

pic_nagoyaaqua05.jpg

 南館では、主に赤道付近や南半球の海の生き物達が展示されています。人気者の1つが「チンアナゴ」。砂の中に体を隠しながら、ニョロニョロと体を揺らす姿が可愛らしいです!

pic_nagoyaaqua09.jpg

 オーストラリアの水辺を再現した「テラリウム水槽」。亜熱帯地域の植物や様々な種類の亀、最大で150cmにもなる肺魚達が泳いでいます。亜熱帯特有のスコールも再現しており、自然環境に近い姿を見ることができます!

pic_nagoyaaqua08.jpg

 クラゲの展示「くらげなごりうむ」では、様々なクラゲがユラユラと美しく泳ぎ、その姿に癒やされます。
 他にも、ここでは紹介しきれないくらい海の生き物がみなさんの来場を待っています。季節限定イベントや特別展も実施されており、一度きりでなく何回訪れても異なる視点で楽しませてくれるので、オススメです!

観光スポット情報

スポット名 名古屋港水族館(なごやこうすいぞくかん)
住所 愛知県名古屋市港区港町1−3  地図はコチラ
料金有料
大人2,030円、高校生2,030円、小・中学生1,010円、幼児(4歳以上)500円
営業時間営業時間あり
定休日なし
公式・関連サイト名古屋港水族館ホームページ<公式>
アクセス(電車)
アクセス(バス)
アクセス(車)
備考

ライター情報

ライター名  夜景FAN
ライターWebサイト夜景FAN

配信情報

配信日 2022年03月01日 13:28
更新日 2022年03月01日 13:43

新着記事

夜景マガジントップへ
夜景FAN
夜景FANはPlusTEQが制作しております
Copyright© 2020 YAKEI FAN. All Rights Reserved.