夜景FAN
夜景FAN

繁體中文

映画「男はつらいよ」の聖地!レトロな商店街で食べ歩きが楽しめる「柴又帝釈天参道」

 京成金町線の柴又駅から、柴又帝釈天というお寺まで続く約200mのルートが、柴又観光のメインルートとなります。改札をでると広場があり、ここで「男はつらいよ」の主人公「寅さん」の銅像がお出迎えしてくれます。柴又のシンボルであり、この銅像と記念撮影をするのは柴又観光の定番です。

pic_shibamata01.jpg pic_shibamata02.jpg

 寅さんの銅像の目の前に、香ばしい香りを放つお店があります。ここは、焼きそば・今川焼き屋さん「三河屋」。焼きそばは注文してから焼いてくれ、できたてを提供してくれます。焼きそばの上にコーンが乗っているのが印象的です。観光地では、観光地価格が当たり前ですが、ここでは焼きそばが1つ300円とかなりリーズナブル!食後のデザートとして、今川焼きはいかがでしょうか?

pic_shibamata04.jpg

 柴又駅から柴又帝釈天までを結ぶ「柴又帝釈天参道」は、レトロな雰囲気が漂う商店街となっており、グルメ、お土産、民芸品のお店が並んでいます。特にグルメのお店が多く、おせんべいや鰻料理、葛餅など和食をメインに食べ歩きを楽しむことができます!

pic_shibamata10.jpg pic_shibamata09.jpg

 特に人気があるのが食事とスイーツが楽しめるお店「門前とらや」。名物の草だんごを、食べ歩きしやすいように提供してくれます。このお店が注目される理由はグルメだけではありません。「男がつらいよ」の撮影で度々使用され、建物は建て替えられてしまいましたが、撮影で使用された階段等はいまでも残っており、「男がつらいよ」ファンにはたまらないスポットとなっています。

pic_shibamata06.jpg

 参道を抜けると、柴又帝釈天にたどり着きます。この神社の創建は1629年と長い歴史を誇り、こちらも「男がつらいよ」で定番のスポットです。お寺の壁など、至る場所に彫刻が彫られていることでも有名で、是非細部にまで注目してみてください。

pic_shibamata07.jpg

 また、境内には他ではなかなか見ることができない「獅子舞おみくじ」があります。コインを入れると獅子舞が動き出し、おみくじを渡してくれます。この斬新な演出に、盛り上がること間違いなし!?
参拝から食べ歩きまで楽しめる柴又帝釈天参道。「男はつらいよ」のファンの方も、そうでない方も楽しむことができるので、是非訪れてみてください!

観光スポット情報

スポット名 柴又帝釈天参道(しばまたたいしゃくてんさんどう)
住所 東京都葛飾区柴又7丁目  地図はコチラ
料金有料
各店舗で買い物代がかかります
営業時間営業時間あり
定休日なし
公式・関連サイト
アクセス(電車)
アクセス(バス)
アクセス(車)
備考

ライター情報

ライター名  夜景FAN
ライターWebサイト夜景FAN

配信情報

配信日 2022年04月04日 13:05
更新日 2022年04月04日 13:16

新着記事

夜景マガジントップへ
夜景FAN
夜景FANはPlusTEQが制作しております
Copyright© 2020 YAKEI FAN. All Rights Reserved.