夜景FAN
夜景FAN

繁體中文

【絶景だけど初心者ドライバー要注意】菜の花台から見る夜景

こんばんは、中村です。
神奈川の若者人気の夜景スポットといえば、「湘南平」そして「菜の花台」あたりでしょう。
王道スポットということで、私も夜景巡りを始めた当初は頻繁に通っていました。
今回は、この菜の花台についてご紹介していきます!

菜の花台の展望台

pic_nanohanadai04-1024x683.jpg

よく「ヤビツ峠」と呼ばれている夜景スポットがここ「菜の花台」にあたります。
神奈川県では特に若者に人気スポットで、多数の車が駐車できる駐車場も週末は駐車待ちの車が溢れるほど賑わいを見せます。
駐車場からも一部夜景が見えますが、ちゃんと鑑賞するなら奥にある木製の展望台まで進んでみましょう!
階段が二つありますがそれぞれ上り用下り用なので、階段を間違えないでくださいね。
この階段を上がった先が最大のビューポイントです。


pic_nanohanadai02-1024x683.jpg

ここからは、秦野盆地の夜景をメインに、足柄平野、平塚等湘南地区の夜景を見下ろすことができます。
秦野駅周辺の明かりが眩しい★


pic_nanohanadai05-1024x683.jpg

天候が良い日の夕方は、西の方角に富士山のシルエットが浮かび上がります。

朝方もオススメ

pic_nanohanadai03-1024x683.jpg

視野としては東から西にかけて広く、朝方であればグラデーションカラーに染まる空と輝く街を組み合わせた光景を鑑賞することができます。
夜景を鑑賞しながらゆっくり座って語り合いたい時は、この写真にあるベンチがオススメ!!


pic_nanohanadai01-1-1024x683.jpg

手前が秦野、奥に平塚と茅ヶ崎の夜景が連なります。日の出40分前ですが、それでも街明かりは意外にあるものです。

アクセス

菜の花台までのアクセスについてご案内します。
国道246号線の名古木交差点から、ヤビツ峠まで続く県道70号線に進んで行きます。
8km程進むと菜の花台に到着です。途中、対向不可の道幅が狭い箇所もあるので十分気をつけてください。
上でも少し解説しましたが、週末は混み合いますので余裕をもって向かってください。

最後に

ここまで、菜の花台について解説させていただきましたがいかがでしたでしょうか?
初心者ドライバーには少々アクセス難ではあるかと思いますが、期待以上の夜景が待っているはずです!
下界との高低差が激しい為、春や秋でももう1枚上着を用意しておくと寒さを気にせずゆっくり夜景を鑑賞することができます。
下記の「関連ページ」でもスポット情報を配信しているので、そちらも是非ご覧ください(^o^)♪

夜景スポット情報

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、営業時間等が変更となっている可能性もございます。
夜景FANの公式LINEアカウントからご相談いただくことが可能ですので是非ご利用ください。

スポット名 菜の花台(ヤビツ峠)(なのはなだい(やびつとうげ))  夜景スポットページはコチラ
住所 神奈川県秦野市  地図はコチラ
ジャンル山・丘、
料金無料
営業時間
定休日なし
公式・関連サイト
アクセス(電車)
アクセス(バス)
アクセス(車)
備考

ライター情報

ライター名  夜景FAN
ライターWebサイト夜景FAN

配信情報

配信日 2017年02月13日 10:00
更新日 2021年01月19日 14:42

新着記事

夜景マガジントップへ
夜景FAN
夜景FANはPlusTEQが制作しております
Copyright© 2020 YAKEI FAN. All Rights Reserved.